羽毛布団の特長

羽毛布団の特長

人気の非常に高い羽毛布団ですが、その人気の最大の理由とも言えるのがその保湿性の高さとなっています。秋?次の春にかけてを、羽毛布団一枚だけでやり過ごす方も意外と多く、その性能の高さが伺えますね。では何故羽毛布団は保湿性に優れているのでしょうか。

 

羽毛はグ―スから取られますが、グ―スは寒い時期に体温を維持する為に膨らみ、羽の間に空気を捕まる特性を持っています。この特製を活かす形で羽毛布団は作られています。それから、ダウンはぴったりと重なりあう事がないのも特徴で、その為肩口の形にしっかりと覆いかぶさる事が可能になり、布団の中に外の冷たい外気が入ってしまうのをしっかりと防いでくれます。

 

保湿性以外にも、ダウンは暑い時期には羽根の隙間が閉じる様に出来ており、その結果通気性が高まり、水分を無駄に溜め込む事もなくなるので、必要以上に暑くなってしまったり汗をかき蒸れてしまう事からきちんと守ってくれます。人間が就寝してい時は一晩でコップ1杯以上の汗をかくと言われていますが、羽毛布団はその様な就寝時でも、暑い時にはダウンが通気性と発散性の高さをしっかりと発揮してくれるので、安心して快適に眠りにつく事が出来ます。

 

保湿性の高さ以外にも、羽毛布団の特徴として、その軽さを挙げる事が出来ます。見た目のボリュームとは裏腹に軽いです。と言うのも、羽毛布団は内容量が凄い為ボリュームがある訳ではなくて、ダウンが含んだ空気によってボリュームがある様に見えるので、実際にはあまり重さがないと言えます。身がびっしりと詰まり厚みがある訳ではないので、収納する際などは畳んでしまえば場所を無駄に取らずに薄くする事が出来ます。羽毛布団の中身は言ってしまえば大抵が空気になるので、収納する際には圧縮袋に入れてしまえば場所を取りませんね。空気を掃除機などでしっかりと吸い取ってしまえばより小さいスペースでの保管が可能になります。その様な点も羽毛布団のメリットの一つと言えるのではないでしょうか。

アドセンス広告