羽毛布団の主役であるダウンの種類

羽毛布団の主役であるダウンの種類

様々なダウンが羽毛布団に使われています。その種類は非常に豊富ですが、どのダウンも得てしてポーランド・北極地方・ハンガリー・カナダ・ドイツ・シベリアで採取されたものが多いです。鳥が寒さから身を守る為により暖かな羽を必要とする極寒の地域に住んでいる鳥が良いとされています。

 

『ポーリッシュ・ホワイトマザーグ―スダウン』と言うポーランド産のダウンがあります。このダウンは産卵直後の親鳥からのみ採取可能な貴重ダウンで世界最高峰と言われています。長い毛先とダウンボールの大きさは他の物を圧倒し、保湿性も優れている高品質なダウンですが、如何せん採取量が限定的なので、希少価値の高いダウンの一つと言えますね。

 

ハンガリー産ダウンとしては『ハンガリアン・ホワイトグ―スダウン』が有名です。これは弾力性と保湿性が優れているハンガリー産のダウンで、ポーリッシュ・ホワイトマザーグ―スダウンまでのクラスにはいきませんが、ダウンホールの大きさが特徴的となっています。

 

色々ある高品質な羽毛布団の中で最高品質と評価されているのが『アイダ―ダウン』になります。これは別名『羽毛の宝石』とまで言われている商品でアイスランド・グリーンランド地方に生息している国際保護鳥アイダ―ダックからのみ採取可能です。しかしながら、国際保護鳥を捕まえる事は当然禁止されているので、採取のスペシャリストが、海岸の断崖絶壁に作られた巣に残された羽を採取するしか入手方法はない程入手困難な羽毛です。巣立ちの後を狙うしかありませんね。採取量は1年間で大体2,000キロ程度となっています。これでどれだけの羽毛布団が作れるかと言うと全世界でたった2,000枚程度となっています。非常に貴重な羽毛布団ですね。手の平に乗せても殆んど重さを感じない程軽いアイダ―ダックで作られた羽毛布団は一度味わったら抜け出せない程の温かさと快適さと言われています。

アドセンス広告