質をダックとグースで比較

質をダックとグースで比較

羽毛布団の種類としてダックとグ―スがあるを御存じですか。その二つにどの様な違いがあるのかを紹介します。羽毛布団と一括りにされている場合が多いですが、実際には『ダック』と『グ―ス』の2種類あり品質が変わってきます。まずダックはアヒル(カモを人間の手で家畜化させたもの)の羽毛を使っています。食肉用に人為的に作られた品種で、中華料理の一つ北京ダックに使われていますね。グ―スが何かと言うと、ガチョウ(ガンを人間の手で家畜化させたもの)の羽毛を使っている事になります。グ―スもフォアグラの採取と食肉用として改良が施された品種です。

 

グ―スはグ―スでもマザーグ―スと言うものがあります。これは卵を採取する為に4年程育成されたグ―スの母鳥の事を指しています。18センチオーバーの大きい『プレミアムマザーグ―ス』と言われているマザーグ―スのダウンで作成された羽毛布団は15万円を超える程の値段が付くプレミアム商品となっています。高級品として有名百貨店で売られていますね。

 

一般的な解釈としては、グ―スとダックを比較した場合に、体の大きいグ―スで作られたダウンの方が空気量を多く含む事が出来るので暖かいと評判です。それから、ダックは油分がグ―スと比較すると多いので、動物的な臭いが若干抜けにくい点もデメリットとしてあります。その様な理由の為、一般的にはダックよりもグ―スで作られた羽毛布団の方が比較的高品質となっています。だからと言って、必ずしもダックが悪いと言う訳ではないので気を付ける必要がありますね。

 

価格を比べた場合にはダックの方がリーズナブルとなっているので、各々のニーズに合わせる形で購入すると良いでしょう。注意点としては、『○○ダウン』と表記されて売られているケースにおいては、大抵ダックの可能性が高いので気を付けましょう。ダックかグ―スかを曖昧にして質の高いグ―スかと惑わせて販売している業者もいるので注意して下さい。

アドセンス広告