羽毛布団の側生地について

羽毛布団の側生地について

羽毛布団は中身の羽毛が売りであり重要視されていますが、直接肌に触れる事になる生地に関してもしっかりと見定めた方が良いでしょう。羽毛布団に使用されている素材は様々で何種類もあり、それぞれで特性が異なるので把握しておいた方が良いですね。まず初めに、一番リーズナブルな値段で購入出来る化学繊維ですが、吸湿性は期待出来ない上に静電気も頻繁に起こってしまいます。絹は値段が少々高く設定されていますが、非常に柔らかく肌に優しいです。しかし、耐久性があまりないのがデメリットになりますね。

 

次に綿はどうかと言うと、吸湿性に優れていますし、織り方次第では非常に柔らかな触り心地を生み出すので良いですね。綿の中でも超長綿と言われている素材は繊維が長くなっている為、羽毛布団の側生地としては一番優れていると言っても良いのではないでしょうか。細ければ細い程柔らかくしなやかな布地を生み出す側生地の糸ですが、超長綿は非常に細い糸で織られた綿100%のとても柔らかくしなやかな布地になる為、羽毛との相性は抜群と言えますね。

 

それから、羽毛布団の側生地は布地の織り方によって質感や温かみが変化するのも特徴的です。色々な織り方がある中、サテン織りと言う織り方は非常にしなやかで手触りがとても気持ち良く、一番羽毛布団との相性が良い織り方と言われています。サテン織り以外にも、ツイル(綾織り)やサテン(朱子織り)と言う織り方も有名ですが、これら以外にも沢山の織り方があるので、自分自身で実際に触ってみて感触を確かめる事をお勧めします。

 

側生地の特徴の一つとして縦糸と横糸が1インチ四方にどれだけ本数が織りこまれているかと言う『打ち込み本数』によっても触った感触が異なる事が挙げられます。本数が多く高密度な物程体へのフィット感覚が強まり、温かさが外に抜けださなくなります。それと、『ダウンプルーフ加工』と言う織り目をスチームでプレスして潰す特殊加工が施された側生地は、しっかりと通気性を保ちながら尚且つ羽毛も出にくくなるので、ダニなど極小の生物が入り込む隙間が出来ない程高密度の織り目となっています。

アドセンス広告