羽毛布団と羽根布団の違い

羽毛布団と羽根布団の違い

羽毛布団はダックやグ―スの羽毛を利用して作られていますが、その水鳥の羽が2種類あるのを御存知でしょうか。『ダウン』と『フェザー』と呼ばれているものがあります。ダウンは羽毛、そしてフェザーは羽根となっています。

 

羽毛がどの様なものか説明すると、水鳥の胸元に生えているのが羽毛で、見た目がタンポポに似ている為、他の呼び方として綿毛と呼ばれる場合もあります。それから羽根と言うのは、『赤い羽根』募金などで募金すると貰える羽根がそれで、中心に軸があるのを羽根と言います。

 

羽毛布団と羽根布団にどの様な違いがあるのかと言うと、単に素材が羽毛だとか羽根だったりとかが問題になる訳ではありません。『フェザーが50%以上』の混合率で作られた布団の事を羽根布団と呼び、『ダウンが50%以上』の割合で作られた布団が羽毛布団となる仕組みになっています。言ってしまえば、どの部分の羽の量を多く使用しているかによって布団の呼称が変わる訳です。

 

それから、品質やグレードが羽毛布団と羽根布団で変わる事も覚えておいて下さい。紛らわしい為間違えてしまう方も多いのですが、タンポポの綿毛の様なダウンを使用して作成された羽毛布団はボリューム感たっぷりで柔らかな感触です。その一方で、軸が残っているフェザーを多く使用して作られた羽根布団と言うのは、スモールフェザーと呼ばれている小さな羽根を使用して作成されるので、形状的にはダウンとそれほど大きな差はありませんが、軸がある分どうしてもダウンと比べるとボリューム感に欠けて、軸が折れた場合には肌に刺さってチクっとした痛みを味わう可能性もあります。それから、ちょっとした知識として、ケットと言うのは夏掛けや薄掛けと言った肌布団より薄い布団の事を指す言葉で、羽毛で作られた肌布団の事はダウンケットとなり、羽根で作られた肌布団の事をフェザーケットと言います。ついでに覚えておいても損はないですね。

アドセンス広告