羽毛布団の扱い方

羽毛布団の扱い方

羽毛布団のお手入れについてここでは紹介します。羽毛布団を使用している方は、意外とそのお手入れの仕方で分からない事が多い様です。まず初めに羽毛布団の干し方ですが、普通の布団の場合には朝からベランダに干しておき、夕方家に取り込めば問題はありませんが、羽毛布団の場合には干し方が異なるので気を付けて下さい。羽毛布団の干し方としては、日陰で乾燥している所に大体3時間程度干すと良いとされています。時間帯としては午前10?午後3時の間が適している様です。途中で裏返す必要があるので、片側1時間半?2時間干すと言う感じですね。

 

ここで問題になるのが、ベランダ以外に干す場所がないと言う方が殆んどだと言う事です。この様なケースにおいては、羽毛布団にカバーを掛けた状態で干す様にしましょう。また、風で飛ばされれない様に気を付けて下さい。注意点としては、他の布団の様に叩いては駄目だと言う事です。カバーを掛ける事によって直射日光から羽毛布団の劣化を守り、それに加えて側生地も焼けにくくなるので、布団を長く使える様になります。側生地がシルクで作られている商品を使用している場合には、長時間日光にあててしまうと次第に黄ばんできてしまうので、カバーを掛けて干した方が絶対良いでしょう。

 

他の布団の様に叩いては駄目な理由としては、叩いて刺激を与える事によってダウンボール(球状の羽毛)が割れてしまうので、結果として布団の寿命を短くしてしまいます。それから、布団を長持ちさせたいのであれば真夏に瓦屋根の上で干す様な事も控えて下さい。屋根瓦が非常に高温になっている為羽毛が割れてしまい保湿力が低下してしまうからです。

 

何かと面倒な事が多いと感じてしまうかも知れませんが、羽毛布団のケアは普段は窓を開けて風通しを良くし湿気を取り、実際に外に干すのは月に1?2回程度で問題はありません。長期間使用して行く為にも、普段から丁寧な扱い方をしていきましょう。

アドセンス広告