ダニを寄せ付けないお手入れ法

ダニを寄せ付けないお手入れ法

アレルギーが引き起こされる原因の一つとしてダニを挙げる事が出来ます。それなので、羽毛布団にダニを寄せ付けない方法を知りたいと言う方は少なくないでしょうが、実際には羽毛布団本体の中にダニは侵入する事は出来なくなっています。羽毛を包んでいる側生地が羽毛の飛び出し予防の為に非常に高密度で作られている為、ダニの侵入を許しません。しかし、それでも羽毛布団を使用してダニアレルギーの症状が出てしまったと言う話を耳にします。

 

ダニの侵入を許さない羽毛布団において何故ダニアレルギーが起こるかと言うと、側生地にダニが付着しているケースが考えられます。羽毛布団からダニを排除する為に必要なのは、第一に天日干しする事が重要です。羽毛布団を守る為にもカバーを付けたまま干し、裏表均一に干す様にしましょう。

 

干し終わったのであれば、カバーを外し軽く叩いて下さい。本体を傷つけない様にあくまでも軽くたたきましょう。側生地の表面に残っているダニの死骸を取り除く為に叩きます。付けていたカバーは取り外して洗濯しましょう。羽毛布団を天日干しして軽く叩くケアをしても不安が残る場合には、布団を丸洗いしてしまう事をお勧めします。布団本体を丸洗いしてしまえばダニが残っている心配はありませんよね。

 

布団の丸洗いが可能なのかと吃驚する方もいると思われますが、最近ではウォッシャブルタイプの羽毛布団も増えてバリエーション豊かになってきています。羽毛自体にテフロン加工を施してあるウォッシャブルタイプの布団は言ってしまえばバリアーで守られている状態なので、汚れによって羽毛がへたってしまう心配はありません。へたりにくい=通気性が良いになるので、ダニを排除するお手入れ方法としては最善の方法と言えるのではないでしょうか。洗濯する場合には液体洗剤を使用して洗濯を行います。粉洗剤を使用すると溶け残りが出来てしまう可能性があるので注意が必要ですね。洗濯が完了したらカバーを掛けてきちんと干せば問題なく元通りになるので、気になる方は一度試してみてはどうでしょうか。

アドセンス広告