羽毛布団を保管する時のポイント

羽毛布団を保管する時のポイント

ここでは幾つかある羽毛布団の保管ポイントを紹介していきます。このポイントをきちんと実践するかどうかで、次回使用時に大きな差が生じてしまうので、是非守って質の良い保管を行いましょう。一つ目のポイントとしては、必ず良く乾かしておくと言う事です。羽毛布団と言うのは湿気が天敵になるので、窓際など風通しの良い日陰で湿気を失くすのが良いですね。

 

羽毛布団を日に干したいのであれば、片面大体1時間程度で抑える様に心掛けて下さい。無駄に長くやってしまうと布団自体が弱ってしまいます。汚れが目立つ場合や寝汗をかなりかいてしまったのであればいっそ丸洗いしてしまう事をお勧めします。湿気を残さず除去出来たのであれば、カバーを外して汚れを一度確認しておきましょう。埃などが付着している場合にはこの際キレイに除去しおくと良いですね。熱気が充分冷めたのであれば、乾燥剤や防虫剤と一緒にケースに入れて収納しましょう。

 

収納ケースがなくて困っているのであれば、布団を縦に三つ折りにする形で端から巻いていけばコンパクトになるので試してみて下さい。出来れば、臭いのない防虫剤と乾燥剤を使用する様にして、尚且つ通気性の良い布で包めば上出来です。通気性の確保は羽毛布団を保管する際に重要なポイントになります。最も大きなポイントと言っても良いでしょう。ケースに入れる場合でも、または布に包む時も、片付ける際には高い位置に置く様に心掛けて下さい。タンスの上や押し入れならば天袋などが良いですね。羽毛布団を保管する上で欠かせない重要なポイントなのでしっかり守って下さい。

 

それから、羽毛布団の上に重い荷物を置いたりするのは止めましょう。その重さで羽毛布団が潰れ機能が低下してしまうので、布団と布団の間などにも入れない様に気を付けて下さい。それと覚えておいて欲しい事として、布団圧縮パックを利用するのは良くないと言う事です。羽毛布団を使わない4カ月程度のオフシーズンがありますが、その間布団圧縮パックに入れておくと羽毛がよれて駄目になってしまうからです。それなので、通気性の良い場所に圧縮パックを使用せずに保管しておきましょう。

アドセンス広告