羽毛布団のフワフワ感のヒミツ

羽毛布団のフワフワ感のヒミツ

羽毛布団はそのフワフワ感が気持ちよくてファンが多いですが、その秘密は『かさ高』にあります。かさ高とは一般的に言えば、羽毛布団の厚みや中身のダウン量と思われている様ですが、実際にはそれをかさ高とは言いません。羽毛布団に使用されている羽毛と言うのは、1.3?1.4キロと大体同量となっている為、かさ高には関係ないと言えるでしょう。触った事のある方ならば分かると思われますが、あのフワフワとした独特の柔らかさを出している肝心の羽毛と言うのは、丁度手を広げた様な形になっているのをご存じでしょうか。水かきがある動物を例えにすると水かきの部分が空気を抱え込む重要なポイントになっている為、ここに広がりプラス長さがあるものが良い羽毛の判断基準となっています。

 

良い羽毛を使用して作られた羽毛布団は温かいだけではなくて通気性にも優れています。羽根が短く少ないと空気を充分な量抱え込む事が出来なくなるので、羽毛の特性を充分に活かす事は出来ません。良い羽毛かどうか判断する為には、寝具売り場に足を運んで見て下さい。そうすると筒にいれられた羽毛を見れる場合があるので、その羽毛を参考にしてみると分かりやすいかも知れませんね。

 

筒の中いっぱいにふんわりと広がっている羽毛を使用して作られた羽毛布団ならばかさ高の高い優秀な布団になりますが、見た目で判断するのではなくて専門的に見極めるのには、特別な測定方法で測定を行い数値化する必要があります。やり方としては、まず初めに30グラムの羽毛を用意します。次にこの羽毛を円筒の中に丁寧に静かに落としていきます。

 

円筒に羽毛が落ち切ったら、次に重さを掛ける為に円盤を上から静かに落下させていきます。円盤を吊り下げている糸がたわんだ瞬間から2分後に円盤がどの程度の高さにあるのかを3回しっかりと記録して、その平均値を出す必要があります。これが何を意味しているかと言うと、円盤の高さ=かさ高という事を表しています。この検査において同じ量の羽毛を同じ条件で計った場合に、空気をより多く含む事によって、高い位置に円盤を停止する事が出来る羽毛が優秀な羽毛となり、かさ高の布団にはこの様な羽毛が使われていると言う訳です。

アドセンス広告