丸洗いだけでは再生しません

丸洗いだけでは再生しません

羽毛布団には丸洗いが大切だと何度も書いてきましたが、羽毛布団と言うのは丸洗いだけでは再生する事は不可能です。再生と言う観点から考えると、羽毛布団は丸洗いだけでは再生しないと言えます。別に丸洗いが意味がないと言っている訳ではなくて、3年程度の周期で丸洗いを行っていけば、羽毛は大分回復するので大切な行為です。

 

しかしながら、丸洗いを行った後5?6年程度使用していると、摩擦によって羽毛のダウンボールが傷んでしまうので、丸洗いだけでは対処出来なくなってしまう訳です。それから、側生地も毎日使用している事によって、洗いのみでは払拭出来ない汚れの沈着が始まってしまいます。そこで必要となるのが『リフォーム』と言う訳です。

 

側生地に沈着している汚れが気になって仕方なくなった時や、羽毛が飛び出してきてしまった時、そしてかさ高が減少した様に感じたのであればリフォームを行う事をお勧めします。リフォームを行えば問題が解決されてより長く愛用出来る様になります。リフォームを行う一般的な時期としては、側生地で考えると大体7?10年程度となっています。

 

側生地ではなくて全体の印象で決める場合には、丸洗いをしたけれどもかさ高が戻らない場合や、以前と比べると軽さがなくなった場合、そして暖かさを感じなくなった場合と言った具合ならばリフォームを実施する時期と考えて良いでしょう。この様な状態になってしまったのであれば、丸洗いをしても羽毛布団は再生しません。仮に、今現在使用している羽毛布団が10?15年程度前に購入したそれ相応の値段がした物であるならば、リフォームを行えばまた何年も愛用出来る様になるのでリフォームをお勧めします。愛着があってこれからも使用したいと考えているのであれば、リフォームを行った方が断然良いでしょう。新たに羽毛布団を購入するのに比べれば、リフォームは値段が抑えられるので一度試してみてはどうでしょうか。羽毛布団をリフォームしてより長く愛用出来ると良いですね。

アドセンス広告