羽毛布団のトラブルはこうして解消

羽毛布団のトラブルはこうして解消

何にしろ長年使用していると何かしらのトラブルは起こり得るものです。羽毛布団も例外ではありません。ここでは羽毛布団のトラブル解決方法を紹介するので参考にしてみて下さい。まず第一に羽毛布団が片側に寄ってしまい薄くなった気がした時のトラブル対処方です。

 

羽毛布団を使用していると、次第に羽毛が片寄り出して、薄くなってしまう現象が起こる可能性があります。その様な現象が見受けられた場合には、布団の表面を軽く叩いてならしてやる様にすれば問題解決出来ます。しかしながら、それを行っても元に戻らない場合や明らかにマス目を移動しているのが分かっている場合には、襟元のマスが破れている可能性が高いです。そこまでいってしまったのであれば、自分でどうにかするのではなくてリフォームに出して新しい側生地に入れ替えた方が良いですね。

 

それから、カバー内で羽毛が飛び散っているトラブルもあります。この様な場合には、仮にカバーを取り替える際に少々で済んでいるのであれば問題はありません。しかしながら、飛び散る程にまで状態が変わってしまっているのであれば、穴が空いてしまっているか、または裁縫部分に何からしらの問題がある可能性が高いです。小さい穴なら補修布をつけて問題解決になりますが、裁縫等にトラブルがあるケースではリフォームが必要になるので、購入店か販売店に事情を説明して対処法を教えてもらいましょう。

 

最後のトラブルとして、羽毛布団本体がカビてしまった場合の対処方を紹介します。人間は睡眠時にコップ1杯程度の汗をかきます。大体200ccですね。それを放置してしまっていると、高温多湿の場合にカビが生えてしまう事が充分考えられます。カビが側生地にまで達していないのであれば、カバーを取り外し直射日光に2?3時間あてれば少々臭いは残ってしまうものの、問題は解消出来るでしょう。しかしながら、カビが側生地にまで到達している場合においては勝手が異なるので専門店に相談する様にしましょう。羽毛布団のトラブルは以上の様な事で解決可能です。少しでも不安に思う所があるのであれば、専門店に話を聞き正しい対処法を行っていきましょう。

アドセンス広告