お部屋のタイプで選びましょう

お部屋のタイプで選びましょう

羽毛布団を選ぶ際にはお部屋のタイプを考えた上で選択しましょう。寝室が異なれば布団のタイプも必然的に変わるものと言えるでしょう。羽毛布団を購入する際にお部屋のタイプで変わってしまうのが敷き布団になります。自身のお部屋に適したタイプの物を選ぶと良いですね。まずはベッドタイプについて紹介していきます。

 

ベッドの殆んどにマットレスが付帯しているものですが、敷き布団パッドまたはベッドバットをマットレスの上に敷く形を取り、その上から更にボックスシーツを被せる様にします。このやり方は、普通のマットレス付きベッドや足付きマットレスベッドに適していますし、今流行りのソファーマットレスタイプにも合いますね。

 

次は敷き布団と敷き布団カバーセットについてです。和室に良く合うセットと言えますね。これは、畳やフローリングなどに直接敷く場合にきちんと対応してくれます。マットレスの感触が気に入らない方や三つ折りのマットレスを敷いている方にお勧めです。また2段ベッドを利用している方にもお勧め出来ますね。フローリングがメインとなっているケースでは、しっかりと芯の入った敷き布団+敷き布団カバーを選択すると相性が良いです。周囲にゴムを入れて掛けやすくなっている敷き布団カバーとして『ボックスシーツ』タイプもあるので、自分の好みや使い勝手の良さで決めると良いですね。

 

羽毛布団はお部屋のタイプに合わせる形で選ぶのがベストですが、来客用の布団としては何が良いのでしょうか。来客用として優れているものとしては『一式全て揃っているセット』や『収納しやすいコンパクトな物』などが良いのではないでしょうか。来客用布団を使用する際には、大抵の場合和室またはフローリングの上に敷く形になると思われるので、取りあえず和室タイプを選択しておけば問題ないのではないでしょうか。

アドセンス広告